髪の毛のことを良く知ろう

薄毛で悩む人は多いのですが、そもそも髪の毛のことをどこまで知っているでしょうか。
悩んでいるからこそ、今一度、髪の毛のことをもっと良く知りましょう。
どこで髪の毛が作られているのかというと、毛包というところで作られているのです。
毛包の深いところに毛球があります。
髪の毛が抜けたときに、先端を見たことがある人も多いでしょう。
毛先はまっすぐになっているけれど、毛根を見てみると、ちょっと膨らんでいたりしませんか。
それを思い浮かべるとわかりやすいかもしれません。
毛球は、毛母細胞と毛乳頭からできています。
髪の毛は、毛母細胞が毛細血管から運ばれてくる栄養素や酸素などを使って成長していくことで伸びて行くというわけです。
頭皮に栄養があるからこそ、髪の毛が伸びるということが良く分かったのではないでしょうか。
髪の毛に一定のサイクルがあることは知っていますか。
1本の髪の毛がずっと伸び続けるというイメージがあるでしょう。
確かに伸びるのですが、やがては抜け落ちてしまいます。
このサイクルを覚えていきましょう。
毛包には、休止期、成長期、退行期があります。
ここが薄毛のポイントにもつながるのです。
最初に成長期から説明していきましょう。
その名の通り、髪の毛が成長する時期です。
だいたい2~6年くらいの期間があります。
次に退行期ですが、毛球が太く成長して退縮が始まっていき、完全に退化するまでの期間をいい、だいたい2週間くらいと言われています。
最後に休止期です。
毛球が完全に退化して、髪の毛が抜けてしまう期間のことです。
休止期は3、4か月くらいあります。
これが通常の場合なのですが、薄毛に悩んでいる人の場合は成長期が短いのが問題です。
どのくらいかというと数か月から1年とかなり短くなっています。
普通の人とは違ったサイクルになっていることが問題です。
これらの問題を解決するためにこれまで紹介したことを実行することで、通常のサイクルに戻せるかもしれません。

recommend

宝石買取を神戸で行っています

Last update:2019/9/6

Comments are closed.